キムラボ 〜 きむらあきらこ(木村聡子)のセルフコントロール研究所

「あなたの1日は27時間になる。――「自分だけの3時間」を作る人生・仕事の超整理法」(ダイヤモンド社)著者で税理士の木村聡子(きむら・あきらこ)がお送りする、バーチャルな研究所。時間・行動・お金のセルフコントロールに関する情報を中心にお届けしています!おそらく、日本で一番年間移動距離の長い、旅する税理士でもあります。

日刊 > 税務ニュース  消費税・地方消費税 > その他

木村聡子の最新自主開催セミナー情報!(ブログ記事はカレンダーの下になります)

商工会議所講師・満足度アンケート3位。税理士ブロガーの草分け的存在であり、ビジネス書著者でもある木村がお送りするセミナーだから、分かりやすには定評あり。しかも、超実践的!

最新情報をキャッチしたい方はdoorkeeperのコミュニティやこちらのカレンダーをチェック!

1月18日、内閣府の消費税価格転嫁等対策サイトにて「消費税価格転嫁等総合相談センターの12月相談対応状況(お知らせ)」(PDF)が公表されました。
PDFの公表資料ですが、目を通しておきたいのは、4件の「相談例」(質問と回答)です。今回の相談例の質問部分を、以下に抜き書きしておきますので、興味のある方は、PDFを確認してみてくださいね。

総額表示等に関する相談
・事業者です。消費税率 10%への引上げが平成31年10月1日に延期されましたが、注文住宅などの工事を受注する場合、いつまでに契約すれば8%の消費税率が適用されることになりますか。

転嫁拒否等に関する相談
・個人事業者です。取引先から転嫁拒否に該当すると思われる行為を受けているので調査をお願いしたいと考えているのですが、当方が調査をお願いしたことが取引先に露見することはないでしょうか。
・事業者です。取引先事業者に対し税抜の納入単価を小数点以下2桁で提示し、これに消費税率を上乗せした税込単価(小数点以下4桁となる)に月ごとの取引数量を乗じて得た金額の1円未満の端数を切り捨てて支払うことを考えています。このような端数処理の方法は消費税転嫁対策特別措置法上問題となりますか。

表示方法(阻害表示)に関する相談
・海外から製品を買い付け、国内消費者に販売している事業者です。ホームページ上で、「海外からの輸入品のため、消費税はかかりません。」と表示することは消費税転嫁対策特別措置法上問題になりますか。

これまでの相談例については、こちらにまとめられています!

※ブログランキングに参加しています!  
キムラボとは?


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
木村税務会計事務所のFacebooktwitterで「キムラボ」の更新情報をチェックしませんか?このブログが気に入って頂けましたら、フォロー頂けると嬉しいです。更新の励みになります。