キムラボ 〜 旅する税理士・木村聡子のセルフコントロール研究所

「あなたの1日は27時間になる。――「自分だけの3時間」を作る人生・仕事の超整理法」(ダイヤモンド社)著者で税理士の木村聡子(きむら・あきらこ)がお送りする、バーチャルな研究所。時間・行動・お金のセルフコントロールに関する情報を中心にお届けしています!おそらく、日本で一番年間移動距離の長い、旅する税理士でもあります。

日刊 > 税務ニュース  その他国税 > 酒税

2月2日、国税庁ホームページにて「平成27酒造年度における清酒の製造状況等について」が掲載されました。

お酒好きな私としては、実務に関係ないこととはわかっていても、ついつい酒税に関する情報はチェックしてしまいます。

ここでは、平成27酒造年度(平成27年7月1日〜平成28年6月30日)における清酒の製造状況等についての各種統計の概要が掲載されています。たとえばこんなグラフが。
01
国税庁ページより)

これを見ると清酒全体の製造数量は微減傾向なのですが、その要因は、特定名称(純米酒・純米吟醸酒・吟醸酒・本醸造酒)以外の日本酒の製造数が減少していることにあるのが伺えます。逆に純米酒や純米吟醸酒は増加傾向です。

日本酒ブームで、高級志向・ホンモノ志向の波が押し寄せているなどと言われていますが、それがこういったデータからも伺えます。

image

※ブログランキングに参加しています!


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
木村税務会計事務所のFacebooktwitterで「キムラボ」の更新情報をチェックしませんか?このブログが気に入って頂けましたら、フォロー頂けると嬉しいです。更新の励みになります。