キムラボ〜税理士 きむらあきらこ(木村聡子)のセルフコントロール研究所

「あなたの1日は27時間になる。――「自分だけの3時間」を作る人生・仕事の超整理法」(ダイヤモンド社)著者で税理士の木村聡子(きむら・あきらこ)がお送りする、バーチャルな研究所。時間・行動・お金のセルフコントロールに関する情報を中心にお届けしています!おそらく、日本で一番年間移動距離の長い、旅する税理士でもあります。

このたび、新しいブログを立ち上げました。今後はこちらで更新をしてまいります。
 https://akirako.jp/
引き続きお読みくださるという方は、お手数おかけいたしますが、新ブログをブックマーク、もしくは、リーダーに登録して頂けましたら嬉しいです。こちらのブログ(ライブドアブログ)は更新はしませんが、残しておきます。
ご訪問、ありがとうございました。


日刊 > 日々のヒント

こんばんは!時間・行動・お金をセルフコントロールする術を毎日ブログでお伝えしています。税理士の木村聡子(@kimutax)です。  

今朝、起きたらマジで目が開かないんです…(=_=)←まさにこんな感じ…。花粉症がピークに達し、仕事場に行ってもまったく目を開けていられない状態になりました。まさに開店休業。事務所でしばらく横になり、最終的にはお医者さんのお世話になりました。おかげで今はかなりラクに!今シーズンはもう、処方箋どおりにサボらず薬を飲むことにします。

さて、今日の暮しの手帖社風「経営のヒント集」は…

2016年3月16日 何か1つ、期限が明日以降のものをすると、それだけで心が軽くなります。

financial-equalization-1027282_640


あなたの1日は27時間になる。 」にも書いたとおり、私は期限ギリギリにならないとものごとのやる気がおきない性分でした。

そんな自分を変えようとやったことの中に
「何か1つ、期限が明日以降のものをする」
というのがあります。

これは今でも継続中で、タスクリストにも
「未来のタスクから何か選んで一つやる」
というデイリータスクを入れています。

何か1つ、期限が明日以降のものをすると、その分、明日以降の負担が減り、心が軽くなります。この「明日がラクになった」というプチ成功体験を積み重ねていくと、前倒しでものごとを進めるのが快感になります。

「期限が明日以降のもの」ですが、最初は軽めのものからやるといいです。
明日の朝のゴミ出しを夜にやっておくとか(ただし、ルール違反にならない範囲で)
明日履く靴を磨いておくとか。

この習慣を続けていくと、徐々に仕事や勉強も「少しでも前倒し」を心がけるように、自然となっていきますよ。 

※ブログランキングに参加しています! 
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
きむカフェとは?

木村の「経営のヒント集」は、気張った言葉ではなく、自分の実体験や経験にもとづくささやかな経営上の「ヒント」を書き続けていきたいと思っています。今後もどうぞよろしく(^^) 

※昨年の12/11に私の2冊目の著書が発売されました!書店などで見かけましたら、手に取ってちらっと読んで頂けるだけでも相当嬉しいです      
 

この記事を書いた人:木村聡子(きむら・あきらこ)

木村聡子
年間移動距離日本一(推定)の旅する税理士。ビジネス書作家。バブル崩壊をきっかけに、1993年(27歳)資格取得を決意。フルタイムで働きながら、実務経験ゼロ簿記知識ゼロからスタートし短期間で税理士試験合格。1998年(31歳)税理士登録。2000年(34歳)木村税務会計事務所創設。ブロガー税理士の草分け的存在。資格取得時に身につけた仕事術・時間術を駆使し、セミナー講師や広島カープの応援で日本全国を駆け回る。実務誌ほか執筆実績多数。著書に「注文の多い料理店の消費税対応」(中央経済社)、「あなたの1日は27時間になる。」(ダイヤモンド社)。


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット