キムラボ 〜 きむらあきらこ(木村聡子)のセルフコントロール研究所

「あなたの1日は27時間になる。――「自分だけの3時間」を作る人生・仕事の超整理法」(ダイヤモンド社)著者で税理士の木村聡子(きむら・あきらこ)がお送りする、バーチャルな研究所。時間・行動・お金のセルフコントロールに関する情報を中心にお届けしています!おそらく、日本で一番年間移動距離の長い、旅する税理士でもあります。

kimutax通信 > 読書感想文  日刊 > 日々のヒント

木村聡子の最新自主開催セミナー情報!

商工会議所講師・満足度アンケート3位。税理士ブロガーの草分け的存在であり、ビジネス書著者でもある木村がお送りするセミナーだから、分かりやすには定評あり。しかも、超実践的!
11/21午後 東京 フリーランス向け確定申告セミナー会計ソフト入力&申告書作成強化版
12/2&9午前 東京 逆算手帳(A)ビジョン作成ワークショップ
12/2午後 東京 逆算手帳(B)プランニングセミナー
12/3&10午前 東京 逆算手帳(A)ビジョン作成ワークショップ
12/3午後 東京 逆算手帳(B)プランニングセミナー
12/4午後 東京 税理士ブロガー向け「税金ネタをブログ記事にする方法教えます!」
12/8夜 オンラインZoom 逆算手帳(B)プランニングセミナー
12/9午後 東京 逆算手帳(C)ガントチャート活用セミナー
12/10午後 東京 逆算手帳(D)デイリー・ウィークリー活用セミナー
12/12夜 オンラインZoom 逆算手帳(C)ガントチャート
12/15夜 オンラインZoom 逆算手帳(D)デイリー・ウィークリー活用セミナー
(残席2)12/19午後 東京 士業向け「Facebookページ活用法」セミナー
12/29夜 東京 逆算手帳ユーザー2018年望年会

最新情報をキャッチしたい方はdoorkeeperのコミュニティやこちらのカレンダーをチェック!

私の仕事のしかたにおいて、多大な影響をもらった本です。



著者の吉越浩一郎さんは、トリンプ日本法人の元社長。「早朝会議」「完全ノー残業」「がんばるタイム」など、ユニークな仕事の仕方をトリンプに次々に導入し、かつ、19期連続の増収増益を達成(本書出版当時)したお方。

特に「ノー残業」で有名です。


なぜ吉越さんは「ノー残業」を提唱しているかというと、本の帯にもあるように「夜の3時間を自分に投資するため」。その「投資」こそが、個人のみならず会社の付加価値や収益力をも高めるゆえ、企業も「ノー残業」に取り組むべし、というのが本書の内容です。

そのためには、ただ単に「早く帰りなさい」と定時になったらお尻をたたくだけではダメ。

残業をあてにしたダラダラとした仕事の仕方をを排除するには、徹底的に定時の間での効率を上げることが必要になります。そのための組織との長としての取り組みを、論理的に説いている本です。

私は特に「仕事はだらだらしない」「残業は行わない」という点を自身に取り入れたのですが、ここ2〜3ヵ月でちょっと考えるところ、というか「迷い」があり、改めて本書を手にとった次第です。 再読することで、今の自分の仕事の仕方の点検をしようと思って。

そこでやっぱりありました。「はっ」とさせられた部分。 
やることの「優先順位」は必要ない。
仕事術をある程度かじっている人ほど
「やるべきことのたな卸しとABC分析を行ってから、仕事に着手しよう」
と、してしまいがちです。また、そうすべきと仕事術の本などに書かれていることも多いです。

ところが吉越さんは
「優先順位を考えたり、スケジュール表を作ったりするひまがあるなら、その間に仕事の一つも片づけたほうがいい」
と仰っています。

確かに私の一日を分析すると、仕事のたな卸しにかなりの時間を割いています。また、仕事のたな卸しをしすぎると、知らず知らずのうちに自分のやりたくない仕事を後ろに持っていってしまうことが多いです。そして、そういったやりたくない仕事は、往々にして問題を孕んだ案件であることが多いものです。そして問題を孕んだ案件は、後になればなるほど問題解決が厄介になり、かえって仕事が長時間化します。 

再読して私が気づいた一番の大きなポイントはここでした。

もちろん一日のスケジュールを確認し、やるべきことの見落としがないか確認する必要はありますが、過度の「仕事のたな卸し」は逆に仕事の進行もスピードも妨げます。

そこで今の仕事のやり方にプラスして
「気の乗らない仕事を出来る限りその日の最初のうちにやる」
「その後で『ごほうびタスク』(好きな仕事)をやる」
「基本的に仕事は先入れ先出し法(受けた順)でやる」

ことを、意識的に取り入れるようにしてみます!

「残業ゼロ」の仕事力
吉越 浩一郎
日本能率協会マネジメントセンター
2007-12-22


※本書の中の、吉越さんの言葉
本来のポテンシャルから見れば、今の五倍のスピードで仕事が処理できても不思議ではないと私は思っています。
過労死の原因は明らかに過度の残業ですが、正規の勤務時間における仕事の密度をいくら濃くしても、それが過労死につながることは絶対にありません。体力とは関係ないのですから、安心してください。
は、数年前読んだとき、衝撃的でしたね〜。
以来、集中力が途切れそうになると
「集中し過ぎて死ぬことはない…」
と呪文のように唱え、自分にハッパをかけるようにしています(^_^;)集中、集中!

※ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村 
きむカフェとは? 

この記事を書いた人:木村聡子(きむら・あきらこ)

木村聡子
年間移動距離日本一(推定)の旅する税理士。ビジネス書作家。バブル崩壊をきっかけに、1993年(27歳)資格取得を決意。フルタイムで働きながら、実務経験ゼロ簿記知識ゼロからスタートし短期間で税理士試験合格。1998年(31歳)税理士登録。2000年(34歳)木村税務会計事務所創設。ブロガー税理士の草分け的存在。資格取得時に身につけた仕事術・時間術を駆使し、セミナー講師や広島カープの応援で日本全国を駆け回る。実務誌ほか執筆実績多数。著書に「注文の多い料理店の消費税対応」(中央経済社)、「あなたの1日は27時間になる。」(ダイヤモンド社)。
さらに詳細なプロフィール執筆・講演のご依頼近日開催セミナー情報公式サイト


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
木村税務会計事務所のFacebooktwitterで「キムラボ」の更新情報をチェックしませんか?このブログが気に入って頂けましたら、フォロー頂けると嬉しいです。更新の励みになります。