キムラボ 〜 旅する税理士・木村聡子のセルフコントロール研究所

「あなたの1日は27時間になる。――「自分だけの3時間」を作る人生・仕事の超整理法」(ダイヤモンド社)著者で税理士の木村聡子(きむら・あきらこ)がお送りする、バーチャルな研究所。時間・行動・お金のセルフコントロールに関する情報を中心にお届けしています!おそらく、日本で一番年間移動距離の長い、旅する税理士でもあります。

日刊 > 税務ニュース  その他国税 > 租税条約

木村聡子の最新自主開催セミナー情報!

商工会議所講師・満足度アンケート3位。税理士ブロガーの草分け的存在であり、ビジネス書著者でもある木村がお送りするセミナーだから、分かりやすには定評あり。しかも、超実践的!
7/22 広島 フリーランス向け確定申告セミナー@広島オフィスセンター(ズムスタそば)
7/23 広島 フリーランス向け確定申告セミナー@広島オフィスセンター(ズムスタそば)
8/8 東京 フリーランス向け確定申告セミナー@木村税務会計事務所(桜新町/用賀)
8/9 東京 フリーランス向け確定申告セミナー@木村税務会計事務所(桜新町/用賀)

 ↓ 最新情報をキャッチしたい方は、doorkeeperのコミュニティにご登録を!


これは、米国のFATCA(外国口座税務コンプライアンス法)への対応を図ったものです。

FATCAとは平成22年3月、米国が米国人による海外口座を使った租税回避を防止するために成立させた法律で、外国の金融機関に対し、米国人の口座情報に係る報告義務を導入したものです(同25年1月施行。初回報告の期限は、原則同27年3月31日。ただし、6月29日まで自動延長)。

もう少し具体的に言いますと、米国内国歳入庁(IRS)からの金融口座情報の開示要求に対しては、日本の金融機関に口座を保有している米国人が情報提供に同意しているケースでは情報提供が可能ですが、米国人の同意のない口座情報については、IRSは国税庁に対し、租税条約に基づく情報交換要請を行い、非協力口座の情報を得ることになります(国税庁は要請を受けたら、金融機関に対して照会文書を発送し、口座情報の回答を受け、IRSに回答することになります)。

今回の事務運営指針では、金融機関に対する照会文書の手続を定め、IRSからの要請に対する回答に係る所要の事項を改正するものです。 

※ブログランキングに参加しています!


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
木村税務会計事務所のFacebooktwitterで「キムラボ」の更新情報をチェックしませんか?このブログが気に入って頂けましたら、フォロー頂けると嬉しいです。更新の励みになります。