キムラボ 〜 きむらあきらこ(木村聡子)のセルフコントロール研究所

「あなたの1日は27時間になる。――「自分だけの3時間」を作る人生・仕事の超整理法」(ダイヤモンド社)著者で税理士の木村聡子(きむら・あきらこ)がお送りする、バーチャルな研究所。時間・行動・お金のセルフコントロールに関する情報を中心にお届けしています!おそらく、日本で一番年間移動距離の長い、旅する税理士でもあります。

kimutax通信 > 読書感想文

木村聡子の最新自主開催セミナー情報!

商工会議所講師・満足度アンケート3位。税理士ブロガーの草分け的存在であり、ビジネス書著者でもある木村がお送りするセミナーだから、分かりやすには定評あり。しかも、超実践的!
11/21午後 東京 フリーランス向け確定申告セミナー会計ソフト入力&申告書作成強化版
12/2&9午前 東京 逆算手帳(A)ビジョン作成ワークショップ
12/2午後 東京 逆算手帳(B)プランニングセミナー
12/3&10午前 東京 逆算手帳(A)ビジョン作成ワークショップ
12/3午後 東京 逆算手帳(B)プランニングセミナー
12/4午後 東京 税理士ブロガー向け「税金ネタをブログ記事にする方法教えます!」
12/8夜 オンラインZoom 逆算手帳(B)プランニングセミナー
12/9午後 東京 逆算手帳(C)ガントチャート活用セミナー
12/10午後 東京 逆算手帳(D)デイリー・ウィークリー活用セミナー
12/12夜 オンラインZoom 逆算手帳(C)ガントチャート
12/15夜 オンラインZoom 逆算手帳(D)デイリー・ウィークリー活用セミナー
(残席2)12/19午後 東京 士業向け「Facebookページ活用法」セミナー
12/29夜 東京 逆算手帳ユーザー2018年望年会

最新情報をキャッチしたい方はdoorkeeperのコミュニティやこちらのカレンダーをチェック!

ホリエモンって、食わずぎらい(イメージだけで)で避けていたんですが、松浦弥太郎さんが著書で
「本を読むようになってから、すっかりホリエモンの大ファンです」
と絶賛されていたのを目にして、好きな人の言うことに従順な私(笑)は、それからホリエモンの本を読み漁る様になったのでした。 で、私も今ではすっかりファンです



さて、時代の寵児と言われたホリエモンが刑務所に入り、そこから復活をとげたわけですが。彼は、ツラの皮が厚いだけの人なのでしょうか?



いや、そうではないと思います。
 
ホリエモンも普通の人間と同じで、苦しみ、もうだめだと思い、文字どおり奈落の底に落ちたのだけど。そこから這い上がったのは、復讐心でも、もう一度成り上がってやるという気持でも無く、純粋に「働きたい」「自分の価値を問いたい」「しがらみや世間体から真に自由でありたい」という気持からだったことが、本書の端々から伝わってきました。
 
そして第3章は宝の山。
この「ゼロ」を読んで「思いつくこと全部やってみよう」という気持になれますよ。腰が重い方はぜひご一読を。むかしこのブログでも取り上げた、どん底時代にありとあらゆることをやってみた榎本よしたかさんのイラストエッセー「トコノクボ」に通じるものがあります。

「トコノクボ」から学ぶ、フリーランサー・自営業者が成果を出すための9の秘訣 : kimutax カフェ(きむカフェ)

とにかく、読後感は清々しく、一歩踏み出す勇気を与えてもらえます。前向きにアクションを起こそうという気持になれます。躊躇していたら時間だけが過ぎていく。自分の人生のゼロにイチを足すのは、私しかいない!と。


■ 第0章 それでも僕は働きたい

→そこからどうにか変わることができたのは、小さな成功体験を積み重ね、自分の殻を打ち破ってきたからだ。(P.33)


■ 第1章 働きなさい、と母は言った──仕事との出会い

→実際僕は、どんなに追い込まれても毎日10時間の睡眠を確保するようにしていたほどだ。要は起きている14時間をすべて――これは食事や風呂も含めて――勉強に充てればいいのである。(P.76)


■ 第2章 仕事を選び、自分を選ぶ──迷い、そして選択

→あらゆる人の一生とは、こうした小さな選択の積み重ねによって決まってくるのだと思っている。(P.99)


■ 第3章 カネのために働くのか?──「もらう」から「稼ぐ」へ

→自分がほんとうにやりたいことは何なのか、道に迷うこともあるだろう。僕からのアドバイスはひとつ、「全部やれ!」だ。(P.154)


■ 第4章 自立の先にあるつながり──孤独と向き合う強さ

→自分が天才ではないからこそ、僕は会社をつくる。優秀な仲間を集め、自分に欠けた部分を補ってもらう。そして一緒に大きな夢を実現したいと思っている。(P.176)


■ 第5章 僕が働くほんとうの理由──未来には希望しかない

→自分の本業なんて、決める必要はない。(P.214)


■ おわりに
仮に自分の会社が倒産したところで、あなたという人間は潰れない。経営を通じて手に入れたビジネススキルは確実に「次」へと生かされるのだ。 ― 138ページ


※ブログランキングに参加しています!

この記事を書いた人:木村聡子(きむら・あきらこ)

木村聡子
年間移動距離日本一(推定)の旅する税理士。ビジネス書作家。バブル崩壊をきっかけに、1993年(27歳)資格取得を決意。フルタイムで働きながら、実務経験ゼロ簿記知識ゼロからスタートし短期間で税理士試験合格。1998年(31歳)税理士登録。2000年(34歳)木村税務会計事務所創設。ブロガー税理士の草分け的存在。資格取得時に身につけた仕事術・時間術を駆使し、セミナー講師や広島カープの応援で日本全国を駆け回る。実務誌ほか執筆実績多数。著書に「注文の多い料理店の消費税対応」(中央経済社)、「あなたの1日は27時間になる。」(ダイヤモンド社)。
さらに詳細なプロフィール執筆・講演のご依頼近日開催セミナー情報公式サイト


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
木村税務会計事務所のFacebooktwitterで「キムラボ」の更新情報をチェックしませんか?このブログが気に入って頂けましたら、フォロー頂けると嬉しいです。更新の励みになります。