キムラボ 〜 きむらあきらこ(木村聡子)のセルフコントロール研究所

「あなたの1日は27時間になる。――「自分だけの3時間」を作る人生・仕事の超整理法」(ダイヤモンド社)著者で税理士の木村聡子(きむら・あきらこ)がお送りする、バーチャルな研究所。時間・行動・お金のセルフコントロールに関する情報を中心にお届けしています!おそらく、日本で一番年間移動距離の長い、旅する税理士でもあります。

このたび、新しいブログを立ち上げました。今後はこちらで更新をしてまいります。
 https://akirako.jp/
引き続きお読みくださるという方は、お手数おかけいたしますが、新ブログをブックマーク、もしくは、リーダーに登録して頂けましたら嬉しいです。こちらのブログ(ライブドアブログ)は更新はしませんが、残しておきます。
ご訪問、ありがとうございました。


日刊 > 税務ニュース  所得税 > 株式投資等と税金

平成28年1月1日から、特定公社債等の利子・収益分配金や売却などによる所得が申告分離課税の対象とされ、上場株式等との損益通算が可能になり、譲渡損失については3年間の繰越控除ができることになります。

この改正により、特定口座に公社債等を受け売れることができるようになります。その告知のリーフレットが5月29日、国税庁にアップされました。

平成28年1月1日から「特定口座」に公社債等を受け入れることができます(PDF/194KB)

なお、特定口座に受け入れることができる「特定公社債等」は、原則として、その特定口座を通じて取得するものに限られますが、既に保有している特定公社債等についても、一定の期間に手続をすることで、特定口座に受け入れることができる経過措置が設けられています。

特定口座の利用を検討されている方は、今のうちから証券会社等に確認をしておきましょう。


※ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村 

きむカフェとは?


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
木村税務会計事務所のFacebooktwitterで「キムラボ」の更新情報をチェックしませんか?このブログが気に入って頂けましたら、フォロー頂けると嬉しいです。更新の励みになります。