キムラボ〜税理士 きむらあきらこ(木村聡子)のセルフコントロール研究所

「あなたの1日は27時間になる。――「自分だけの3時間」を作る人生・仕事の超整理法」(ダイヤモンド社)著者で税理士の木村聡子(きむら・あきらこ)がお送りする、バーチャルな研究所。時間・行動・お金のセルフコントロールに関する情報を中心にお届けしています!おそらく、日本で一番年間移動距離の長い、旅する税理士でもあります。

このたび、新しいブログを立ち上げました。今後はこちらで更新をしてまいります。
 https://akirako.jp/
引き続きお読みくださるという方は、お手数おかけいたしますが、新ブログをブックマーク、もしくは、リーダーに登録して頂けましたら嬉しいです。こちらのブログ(ライブドアブログ)は更新はしませんが、残しておきます。
ご訪問、ありがとうございました。


kimutax通信 > 読書感想文  IT・ブログ・SNS

私のブログの更新再開には2つ大きなきっかけがあったのですが、その1つが本書です!



(^_^; ま、井ノ上陽一さんからはこの本出版以前から
「ブログ、更新してくださいよ!」
と、たびたびプレッシャーをかけられていたのですが…。


私は2005年からブログをスタートさせ、それなりにメリットを感じたこともあり、一時はおおいにハマったものの継続させるにはいたりませんでした。

一方で井ノ上さんのブログはなんと、2891日毎日更新が続いているんですよ!

で、まずは井ノ上陽一さんを知らない方に、井ノ上さんがどういう方かを紹介をすると…

税理士ですが職員を雇わず、まったくの一人で仕事をしながら、いわゆる「税理士らしい仕事」以外にも収益の柱を持ち(執筆、コンサル、セミナー、Excel、etc.)、片や趣味のトライアスロンで全国を飛び回っているという。そんなすごいお方。

そして、私はまだ井ノ上さんがそんなに有名ではない、彼がブログを始めて間もない頃から
「この方のブログ、イイ!」
と目をつけ、そのご縁から知り合いとなったという、長い付き合いでもあります。

で、井ノ上さんが、今のような生き方・仕事の仕方に至ることになった上で大きな役割を果たしたのも、実はブログだったりします。
ExcelとITで効率化して、仕事と人生を楽しもう[税理士 ブログ]

****

さて、この本のタイトルにもなっている「仕事に困らない」ですが…

多くの自営業者や経営者が、仕事が無くなる恐怖におそれおののいているのではないでしょうか。時勢・法規の改正・経済状況といった大きなものから、競合他社の脅威といった身近なものまで、売上げを脅かす要因は多々あります。

実は私も、以前港区で10名ほどの税理士事務所の所長をしていた過去があり、4年前に一人で仕事をすることになってしばらくして「港区」「税理士法人代表」「従業員」といった規模のメリットやブランドにどれだけ助けられていたのかと、営業上、ヒシヒシと身につまされる経験をしました。「自分」の価値だけで食べていくためにこの資格をとり独立開業したのに、一人になったら実は何もできない。なんとも情けないことです。

こういった現状を打破するためには、意識的に自分ならではの価値を見つけだし、既存のサービスに付加価値をつけ、必要とされるビジネスを創造しなくてはいけないのです(税理士といえども…)。

そこで、自分の価値がどこにあるのかを日々探りつつ、「仕事に困らない」ために必要なカギ「影響力」を拡大させる為には、手軽に安価に情報発信できるツールであるブログこそ、うってつけの「自分メディア」であるのです。井ノ上さんはブログで情報発信を続けることにより、それを実行しているお方、というわけ。

本書では、そういったブログで情報発信することの効用・自分の強みの見つけ方・その強みと本業のかけあわせかた・仕事の価格設定をする上での注意点・ ブログ運営上の具体的なノウハウ等について書かれています。世の中にはアフィリエイト目的等でブログのアクセスアップについて言及したサイト・情報等は多々ありますが「影響力(価値)の醸成」というブランド確立の視点で、これだけロジカルかつ具体的にブログを語った本は無いんじゃないかなと。

というわけで「仕事のためにいっちょブログでも始めようかな」という方は 「何のためにブログをするのか?」ということを確認をするためにも、本書をご一読されることお勧めします(あ、井ノ上さんのブログも定期的に読まれることも、合わせて!)。ブログ運営手法だけに留まらず、自社(自己)を安売りしないための心構えを身につけることができる本ですから。

※こういったわけで、私も「自分の強み発掘」のため、「表現力+専門知識」でいったい何ができるのか日々模索すべく、ブログ更新を再開させることとなりました。そんな私のもたもたしていた背中をドンとド突いたのが、井ノ上さんのこの本だったというわけです。


第1章 「一生食うためのルール」8つのポイント

→一生仕事に困らない。カギは「影響力の拡大」(P.18)
→今はTVや新聞を使わずとも、ブログ、メルマガ、執筆、セミナーなどなど、あなたの影響力を拡大する手段はいくらでもあります。(P.19) 

第2章 「あなたにしかできない仕事」をたくさん作ろう! 

→私の仕事は、税理士、セミナー、コンサル、出版など、知識やスキルを提供する仕事であり、数字上の仕入、つまり原価はありません。
 ただ「仕入がある・ない」ということと、「有料か無料か」ということは、関係がないと考えています。値段がつくものは、モノかサービスかにかかわらず、「役に立つかどうか」「貢献できるかどうか」で決まるのではないでしょうか?(P.81) 

第3章 やりたい仕事が飛び込んでくる! 「自分メディア戦略」

→ブログで価値を提供し、読まれるブログを目指す
 自分の考えをまとめるいいトレーニングになり、本業へのフィードバックも大きい(P.97)
 
第4章 プロフェッショナルフリーランスの「お金の活かし方」

→3つのスキルにどんどん自己投資
 書くスキル/読むスキル/話すスキル(P.170) 

特別付録 もう人任せにしない! 確定申告のやり方



 
 
※ブログランキングに参加しています!(先週から日本ブログ村に変更しました!)
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村 

きむカフェとは?
 

この記事を書いた人:木村聡子(きむら・あきらこ)

木村聡子
年間移動距離日本一(推定)の旅する税理士。ビジネス書作家。バブル崩壊をきっかけに、1993年(27歳)資格取得を決意。フルタイムで働きながら、実務経験ゼロ簿記知識ゼロからスタートし短期間で税理士試験合格。1998年(31歳)税理士登録。2000年(34歳)木村税務会計事務所創設。ブロガー税理士の草分け的存在。資格取得時に身につけた仕事術・時間術を駆使し、セミナー講師や広島カープの応援で日本全国を駆け回る。実務誌ほか執筆実績多数。著書に「注文の多い料理店の消費税対応」(中央経済社)、「あなたの1日は27時間になる。」(ダイヤモンド社)。


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット