キムラボ〜税理士 きむらあきらこ(木村聡子)のセルフコントロール研究所

「あなたの1日は27時間になる。――「自分だけの3時間」を作る人生・仕事の超整理法」(ダイヤモンド社)著者で税理士の木村聡子(きむら・あきらこ)がお送りする、バーチャルな研究所。時間・行動・お金のセルフコントロールに関する情報を中心にお届けしています!おそらく、日本で一番年間移動距離の長い、旅する税理士でもあります。

このたび、新しいブログを立ち上げました。今後はこちらで更新をしてまいります。
 https://akirako.jp/
引き続きお読みくださるという方は、お手数おかけいたしますが、新ブログをブックマーク、もしくは、リーダーに登録して頂けましたら嬉しいです。こちらのブログ(ライブドアブログ)は更新はしませんが、残しておきます。
ご訪問、ありがとうございました。


日刊 > 日々のヒント  経営 > その他

こんにちは!木村です。
今年に入ってからお弁当&料理に目覚めました。昨日は酢豚にパイナップルの代わりにプチトマト入れたら、めちゃくちゃ美味しかった!コツはトマトが煮崩れないよう、仕上げる直前に合せ炒めることです。なにごとも続けると、どんどんアイデアのツボが刺激されるものですね。というわけで、ブログ更新の継続もがんばろう。

さて、今日の暮しの手帖社風「経営のヒント集」は…

2015年6月4日 売上げは「作る」という気持が大切です。盤石と思われているビジネスほど、その気持ちが必要です。

椅子icon



自営業をしている知人がいます。彼女の口癖は

「私は売上げを『作る』。作ってみせる」

です。売上げが低迷したら環境のせいにせず、必ず原因があるのだから、世の中のニーズや自分(自社)が提供できる価値をいま一度掘り起こして、新しい商製品サービスを作ってみせる。そんな彼女のたくましさとこの言葉を、私も折りに触れ思い出しお守り代わりにしています。

税理士という仕事は世間的には盤石と思われているかもしれません。でも、税務や会計のスキル以外に、自分に何か価値がないか考え、既存の売上げの柱(税務顧問料や決算料)と、私だけが持つ価値を掛け合わせ、なにか別なことができないか。その為に考えたりスキルアップしたりするための時間を、必ず一日に最低1時間以上は持つことにしています。

売上げを作る、ということは、世の中に新しい価値を提供すること。経営者はその気持ちを、安定しているときも忘れないようにしたいものです。


※ブログランキングに参加しています!(今週の火曜から日本ブログ村に変更しました!)
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

きむカフェとは?



木村の「経営のヒント集」は、気張った言葉ではなく、自分の実体験や経験にもとづくささやかな経営上の「ヒント」を書き続けていきたいと思っています。今後もどうぞよろしく(^^) 

この記事を書いた人:木村聡子(きむら・あきらこ)

木村聡子
年間移動距離日本一(推定)の旅する税理士。ビジネス書作家。バブル崩壊をきっかけに、1993年(27歳)資格取得を決意。フルタイムで働きながら、実務経験ゼロ簿記知識ゼロからスタートし短期間で税理士試験合格。1998年(31歳)税理士登録。2000年(34歳)木村税務会計事務所創設。ブロガー税理士の草分け的存在。資格取得時に身につけた仕事術・時間術を駆使し、セミナー講師や広島カープの応援で日本全国を駆け回る。実務誌ほか執筆実績多数。著書に「注文の多い料理店の消費税対応」(中央経済社)、「あなたの1日は27時間になる。」(ダイヤモンド社)。


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット