キムラボ〜税理士 きむらあきらこ(木村聡子)のセルフコントロール研究所

「あなたの1日は27時間になる。――「自分だけの3時間」を作る人生・仕事の超整理法」(ダイヤモンド社)著者で税理士の木村聡子(きむら・あきらこ)がお送りする、バーチャルな研究所。時間・行動・お金のセルフコントロールに関する情報を中心にお届けしています!おそらく、日本で一番年間移動距離の長い、旅する税理士でもあります。

このたび、新しいブログを立ち上げました。今後はこちらで更新をしてまいります。
 https://akirako.jp/
引き続きお読みくださるという方は、お手数おかけいたしますが、新ブログをブックマーク、もしくは、リーダーに登録して頂けましたら嬉しいです。こちらのブログ(ライブドアブログ)は更新はしませんが、残しておきます。
ご訪問、ありがとうございました。


日刊 > 日々のヒント

こんばんは!木村です。
すっかりごぶさたしておりました。今年はアウトプットに力を入れると決めたのに(ー_ー;)お恥ずかしい。。。2月の個人目標はすべてにおいて「継続」を意識してみたいと思います。

さて、事務所ウェブサイトトップページで、暮しの手帖社風「経営のヒント集」をつぶやいております。7日ごとに、一週間分の「経営のヒント集」を、このブログで紹介しております。今回はサボっていたこともあり、1月後半の分をまとめて紹介いたします。

椅子icon

というわけで、この半月分のハイライトです。どうぞご覧ください。


2015年1月14日 いやなことは後回しにせず、まずやる、とにかくやる、優先してやる。結果としていやなことでなくなる。

経営だけではなく全てに関係することですが、たまにはこういうのもいいでしょう(笑)。これ、Twitterで何の気なしにつぶやいたら、ちょこっと反応があったので。少し表現をカスタマイズして、ここに上げてみました。
 
人間ですから、私も気乗りしない仕事があります。でも、いやなことって後回しにするから、どんどんいやなことになるんです。

例えば頼まれごとは、依頼されたあとすぐにやる方が、会議の内容や依頼者の意向がホットに脳に沁みついていますし、資料も手元にあるので、対処しやすいです。これを放置しておくと、記憶は薄らぎ資料は散逸し、どんどん「いやなこと」になってしまいます。
 
午前中の気力が充実しているときに「気乗りのしない仕事」を。それをしっかり遂行したら、自分の好きな「ごほうび仕事」をやる。こんなふうにめりはりをつけると、いいかもしれませんね。
 
「いやだなぁ…」と思っていた仕事ほど、手をつけたら案ずるより産むがやすしで、あっけなく終わってしまうもの。早めに終わらせてしまえば、依頼者から「こんなに早く対応してくれてありがとう!」と言われて、ほら、「いやなこと」から「好きな仕事」になってしまう。そんなものなんですよ。

2015年1月15日 苦情にカッとしたり落ち込まない秘訣は「人格を否定されているわけじゃない」「苦情を言ってもらえることはトク」と思うことです。

私が経営者になって最初に凹んだことは、苦情や苦言を寄せられた時でした。特に「よかれ」と思ってやったことを否定された時など、ガックリきたものです。
 
でも、苦情に変に慣れて、スルーする技術だけ身につけてはならないと思っています。なぜなら、苦情には業務を改善する「宝」が隠されているからです。

ある時、苦情とは人格否定ではなく、顧客の願望であることを実感しました。また、もし自分があるお店や会社に不満を感じたとして、実際にクレームという行動に移すことは滅多にあるわけではなく、相手がそれに応えてくれるという「信頼」があるからこそ苦情を言うのであることにも気がつきました。
 
それからは徐々に、自然に相手の苦情・苦言を受け入れるられるようになっていった気がします。気のもちようですが、苦情に悩んでいらっしゃる方のご参考になれば幸いです。
 
2015年1月16日 役員報酬を決める第一のポイントは、身もふたもないですが「いくら欲しいか」です。

法人の実効税率が下がってきている昨今
「役員報酬はいくらにするのが最適か」
「会社と役員で一番税額が少なくなるには?」
などとよく聞かれますが、実はその前に
「経営者としてひと月いくら欲しいか」
が先にありきです。
 
いくら法人税率が低いからといって、会社で利益を出してため込んだお金を使えばいいかというと、会社のお金は社長の自由には出来ません。私的な用途には使えません。
 
まずは、個人の生活の質を維持し、多忙な業務の対価として『これくらいなら満足できる』という額を、常日頃からしっかりイメージするようにしてください。そこからが税理士の出番です。役員退職金や所得税の非課税規定を使った節税、最適役員報酬額のシミュレーションも、まず社長の希望額が無ければ成り立ちません。
 
何でもまず「最初に税務ありき」で、税金の額が最小になるプランであれば是かというと、そうではないのです。起業家が幸せになること、事業が継続することが大事。その視点を忘れずに、私も業務にあたりたいと思っています。
 
 2015年1月17日 「バカでも年収1000万円」という本が面白いです。“「超速行動」でエリートたちを置き去りにする”には耳が痛かったです。

ダイヤモンド社から出ている刺激的なタイトルのこの本。でも中身は、ビジネスにとって普遍的でまっとうで大切なことばかりが書かれています。

(ただし所謂『エリート』の方は、冒頭からケンカを売られているような気分になりムカムカしてくるかと思いますので、要注意ですw)

その中でも「超速行動」のところは耳が痛かったです。「質(クオリティー)」を超える武器は「行動の量」ではなく「行動のスピード」。つまり、人の5倍〜10倍のスピードで行動するだけで、他人と圧倒的な差をつけることができるというのが筆者の主張です。
 
これって思い当たるんですよね…。たとえば原稿の執筆。

自分の中での完ぺきを目指して締め切りギリギリに納品するより、打ち合わせ直後から、「こんな感じでどうでしょ?」とラフに書いたものやアウトラインをさっと提示してくれる筆者のほうが、その後意見が交わせたり校正に余裕ができるので、編集者は喜ぶはず。
 
そうなると「あの人とは仕事がしやすかった」と、二度目三度目の仕事のお声がかかる確率が高まります。
 
ビジネスは相手があって成り立つもの。皆が忙しく時間に追われる今の社会。短納期は自分だけでなく、相手にもゆとりをもたらすので喜ばれるのです。
 
(…今日はどちらかというと、自分の戒めのために書いているようなコラムです。)

バカでも年収1000万円
伊藤 喜之
ダイヤモンド社
2010-07-30

 

 2015年1月30日 仕事は「完了させる」ことに重きはおかず、「進める」ことに注力しましょう。

私自身、仕事をつい先送りするクセがありました。ある時気がつきました。たとえば、7時間で終わる仕事があったとき、7時間確保できる日でないと、その仕事をする気が起きなかったのです。

そこで長い時間がかかる案件やプロジェクトについては
「今日は、その案件に関わる郵便部を開封し、中身を確認するだけでヨシ」とか
「今日は、データ整理するためのExcelのフォーマットを作るだけでヨシ」などと、とにかく何か着手したり、ちょっとでも進めることができれば「それでヨシ!偉大な一歩だ!」と考えるようにしたのです。

千里の道も一歩から。少しでも進めて行けば、必ず昨日より今日、今日より明日と、完成に近づいています。

気が乗らない仕事は、まずは何でもいいから、一歩先に進めることだけ自分に課してみましょう。ちりも積もってゴールが見えてくれば、きっと気の乗らない仕事はその頃には「楽しい仕事」になっているはずです。
 


人気ブログランキングへ

きむカフェとは?



木村の「経営のヒント集」は、気張った言葉ではなく、自分の実体験や経験にもとづくささやかな経営上の「ヒント」を書き続けていきたいと思っています。今後もどうぞよろしく(^^)

この記事を書いた人:木村聡子(きむら・あきらこ)

木村聡子
年間移動距離日本一(推定)の旅する税理士。ビジネス書作家。バブル崩壊をきっかけに、1993年(27歳)資格取得を決意。フルタイムで働きながら、実務経験ゼロ簿記知識ゼロからスタートし短期間で税理士試験合格。1998年(31歳)税理士登録。2000年(34歳)木村税務会計事務所創設。ブロガー税理士の草分け的存在。資格取得時に身につけた仕事術・時間術を駆使し、セミナー講師や広島カープの応援で日本全国を駆け回る。実務誌ほか執筆実績多数。著書に「注文の多い料理店の消費税対応」(中央経済社)、「あなたの1日は27時間になる。」(ダイヤモンド社)。


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット