キムラボ 〜 きむらあきらこ(木村聡子)のセルフコントロール研究所

「あなたの1日は27時間になる。――「自分だけの3時間」を作る人生・仕事の超整理法」(ダイヤモンド社)著者で税理士の木村聡子(きむら・あきらこ)がお送りする、バーチャルな研究所。時間・行動・お金のセルフコントロールに関する情報を中心にお届けしています!おそらく、日本で一番年間移動距離の長い、旅する税理士でもあります。

法人税 > 税額の計算

木村聡子の最新自主開催セミナー情報!

商工会議所講師・満足度アンケート3位。税理士ブロガーの草分け的存在であり、ビジネス書著者でもある木村がお送りするセミナーだから、分かりやすには定評あり。しかも、超実践的!
10/27 東京 フリーランス向け確定申告セミナー「まだ申告で消耗してるの?」会計ソフト入力&申告書作成強化版
11/11 東京「逆算手帳」でビジョンを描く! 〜夢を着実にモノにする手帳術
11/12・19 東京「逆算手帳」で夢を着実にモノにする!ビジネス書著者によるワークショップ
11/21 東京 フリーランス向け確定申告セミナー「まだ申告で消耗してるの?」会計ソフト入力&申告書作成強化版

 ↓ 最新情報をキャッチしたい方は、doorkeeperのコミュニティにご登録を!

すみません。久々に復興特別法人税の話題に戻ります!

復興特別税・法人はどうなるの?に書いたとおり、法人に復興特別法人税が課されるのは、一年決算法人の場合、指定期間の間に始まる最初の事業年度から3事業年度間です。

(課税事業年度の原則)
KIM blog-1 130115


ところが、国税庁から出ている「復興特別法人税の概要(PDF)」をながめていて、復興特別法人税が課される期間について、2つほど気づきがありました。


■ 指定期間内に新規設立した場合は、最後の事業年度は27年3月31日まで。

その気づきの1つ。指定期間内に新規設立された法人のおはなし。

「新設法人等の場合の課税事業年度」については、原則によらず特別な決まりがあります。

指定期間内の日の属する事業年度が復興特別法人税の課税事業年度となる——ここまでは原則どおりなのですが、「最後の課税事業年度の対象期間」が

最後の課税事業年度開始の日から指定期間の末日までの期間

なのです!ここが違います。つまり、最後の事業年度は、27年3月31日分までの復興特別法人税を計算すればいいのです。

(具体例)
KIM blog-2 130115


このような法人の場合、最後の課税事業年度の復興特別法人税

課税標準法人税額×6ヶ月/12ヶ月 × 10%

と、26年10月1日から27年3月31日までの半年分だけ申告納付すればいいのです。

指定期間内にかかっていれば、新規設立法人の最後の年もしっかり12ヶ月分課税されるのかなと思っていたので、これには「へぇ〜」でした。


■ まとめ

指定期間内に設立された法人は、24年4月設立の3月決算法人以外は、復興特別法人税が課税される期間は3年よりも短くなる(設立時から27年3月末日までの期間に対応する分になる)。


明日は、逆に復興特別法人税の課税期間が36ヶ月を超えてしまうケースがあるので、そのご紹介です。



人気ブログランキングへ

φ(..)今日の税理士事務所のぶつぶつ

へぇぇぇ。国税庁から出ているパンフやPDFは、要チェックですねぇ。

昔に比べてだいぶ使いやすくよみやすくなった気がするね。最近は、ウェブTVなんかもあるしね。「

こういったものの新着情報は、どうやってチェックすればいいんですか?

国税庁のホームページ」の「トピックス一覧」は、一般の人向けの新着情報のページなのだけど、ここよりも、「税理士の方へのお知らせ」の「最新情報一覧」でチェックしたほうがいいよ。パンフや資料の新着情報はここでチェックしてる。

へ〜。

あと、国税庁のHPはなぜか朝イチで更新されることはあまりないので、一日一回のチェックでより早い情報をゲットしようと思ったら、お昼すぎの時間くらいにチェックするといいよ。

なるほど〜。あんぱん所長がお昼休みにPCに張り付いてるのはそのためなんですね。twitterやFacebookをやりまくっているわけじゃなかったんだ〜

え、えっへん(そういうことにしておこっと…

(*´ェ`*)今日のカフェ

三軒茶屋の、246と世田谷通りに挟まれた三角地帯は、なかなかディープでして
路地裏に、ごった煮のように面白いお店がひしめきあっています。

写真 5

先日紹介したムーンファクトリーもこの三角地帯の中のお店でしたが、今日紹介するcafeゆうじ屋も同じエリアのカフェ。

ここは、三軒茶屋では有名な、車椅子のゆうじさんが作るケーキが食べられるお店。
ゆうじさんに会えるかな?と期待して行ったのですが、この日カフェに立っていらしたのは、ちょっと栗原類似のスタッフさんでした(栗原類よりは明るいです)。

写真 1

写真 4


写真 2

ウリのシフォンケーキは、フワフワしたやつとトーストしたのと、2種の食感の違いを一度に楽しめます。甘さが控えめなので、軽食がわりにイケます!

セットで700円という非常に良心的プライスでした〜。

写真 3

2階がお座敷になっているらしいので、次はそこで食事メニューを試してみたいですね。

ただし、ここもまた、土地勘のある人じゃないとたどり着くのは至難の業かも…。
特にこのゆうじ屋さん入り口がビルの隙間のさらに奥にありますので(^_^; 初めていく方は、お店の電話番号とかしっかりメモっていったほうがよいと思います!

この記事を書いた人:木村聡子(きむら・あきらこ)

木村聡子
年間移動距離日本一(推定)の旅する税理士。ビジネス書作家。バブル崩壊をきっかけに、1993年(27歳)資格取得を決意。フルタイムで働きながら、実務経験ゼロ簿記知識ゼロからスタートし短期間で税理士試験合格。1998年(31歳)税理士登録。2000年(34歳)木村税務会計事務所創設。ブロガー税理士の草分け的存在。資格取得時に身につけた仕事術・時間術を駆使し、セミナー講師や広島カープの応援で日本全国を駆け回る。実務誌ほか執筆実績多数。著書に「注文の多い料理店の消費税対応」(中央経済社)、「あなたの1日は27時間になる。」(ダイヤモンド社)。
さらに詳細なプロフィール執筆・講演のご依頼近日開催セミナー情報公式サイト


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
木村税務会計事務所のFacebooktwitterで「キムラボ」の更新情報をチェックしませんか?このブログが気に入って頂けましたら、フォロー頂けると嬉しいです。更新の励みになります。