キムラボ 〜 旅する税理士・木村聡子のセルフコントロール研究所

「あなたの1日は27時間になる。――「自分だけの3時間」を作る人生・仕事の超整理法」(ダイヤモンド社)著者で税理士の木村聡子(きむら・あきらこ)がお送りする、バーチャルな研究所。時間・行動・お金のセルフコントロールに関する情報を中心にお届けしています!おそらく、日本で一番年間移動距離の長い、旅する税理士でもあります。

IT・ブログ・SNS  所得税 > 貯蓄と税金

【2016.2.25追記】
平成28年からの預金利息の税金計算方法を知りたい方は、こちらのエントリーをご覧ください!

【平成28年〜】預金利息手取り額から、所得税復興所得税を計算する方法! : kimutax カフェ(きむカフェ)

預金利息手取額から逆算し、復興特別所得税(以下『復興税』)込みの源泉徴収税額を計算するExcelファイルを作ってみました。

で、せっかくだからその「レシピ(作り方)」を公開しようという全3回の記事。今日はその第2回です。

(前編)はこちらから。


(すべてのExcelの画像はクリックすると拡大して見ることができます)

所得税と復興税に分ける

最後にして最大のヤマ。所得税と復興税を分けます。

復興税の計算式は「国税分×2.1/102.1(50銭超を切り上げ)」。
これは俗に「五捨五超入」といわれる社会保険関連などではよく見られる端数処理です。四捨五入はROUND関数を使えば簡単にできるのですが、これにはアタマを悩ませました…。

悩んだ結果、私はこういう式を入れてみました。
もっといい方法あるよ、という方いらっしゃいましたら、教えてください!

KIM blog-8 130112


=IF(E2*2.1/102.1−INT(E2*2.1/102.1)>0.5,INT(E2*2.1/102.1)+1,INT(E2*2.1/102.1))
=IF(復興税端数処理前−復興税端数切捨>0.5,復興税端数切捨+1,復興税端数切捨)

この式の意味は
復興税の端数が0.5より大きければ復興税端数切捨額+1としそうでない場合は復興税端数切捨額とする
です。これで五捨五超入になる!

ここで使っているINT関数についてご説明します(IF関数は前回でご説明済み)。
INT関数
=INT(数値や数式)
切り捨てを行い、数値を最も近い整数に丸める関数です。
これまたおぼえておきたい関数の一つ。桁数の指定をしなくていい分ROUNDDOWN関数より使いやすいので、前回の式をINT関数で組むのもアリです。


最後に「所得税+復興税」から「復興税」を引いた額を「所得税」とする計算式を入れます。

KIM blog-10 130112

これで完成です。パチパチ。
手取り額入力するだけで自動計算。これで月次や決算の時間が少〜しだけ短くなる!
あとはおこのみで、罫線で装飾したり。計算式の行を増してもよいでしょう。

青字のところが計算式が入っている個所です。私は自分でExcelファイルを作ったら、計算式が入っているところにうっかり入力をしてしまわないよう、このように色を変えるか、式が入ってるセルを保護するようにしています。

このように検算式を入れるとなおよいでしょう。( 甅Α櫚−ぁ櫚イ任△襪海箸両斂澄

KIM blog-11 130112


おまけ

応用すれば、上場株配当等や非上場株配当等の自動計算もできます!

KIM blog-13 130112

ぜひ、チャレンジしてみてください!計算式の答え合わせは、次回(後編)でアップします(^o^)



人気ブログランキングへ

φ(..)今日の税理士事務所のぶつぶつ

うーんうーん・・・

どうしたんだきてぃくん?

きむカフェから宿題が出まして…。上場株の配当とか、非上場株の配当の税金額を自動計算するExcelを作ってるんですが・・・

連休返上でご苦労なことだ。で、何をそんなに悩んでるんだ?!

そもそも、それぞれ税金が何パーセント課せられているのかが、わからないんです(涙)。

アチャー(次回に続く)。

(*´ェ`*)今日のカフェ

某日、朝、打ち合わせで久々にマメヒコ@三軒茶屋へ。

38

朝の光が気持ちいい。
朝早くからやっているカフェは早起き生活者にとってはほんとうに貴重です!

00

相変わらず活けてあるお花(枝もの)もきれい。
私は仕事場のデスクまわりに枝ものを飾っていますが
実はマメヒコの真似っこなのでした

37


01

朝食を兼ねてフランスパン記事の食パン+ハニーのトースト
茹で玉子と、新商品・黒豆コーヒーのカフェオレをいただきました!
パワーブレックファースト、そしてパワーミーティング!
ちかぢか面白い発表が、ココでできそうです(^^)

この記事を書いた人:木村聡子(きむら・あきらこ)

木村聡子
年間移動距離日本一(推定)の旅する税理士。ビジネス書作家。バブル崩壊をきっかけに、1993年(27歳)資格取得を決意。フルタイムで働きながら、実務経験ゼロ簿記知識ゼロからスタートし短期間で税理士試験合格。1998年(31歳)税理士登録。2000年(34歳)木村税務会計事務所創設。ブロガー税理士の草分け的存在。資格取得時に身につけた仕事術・時間術を駆使し、セミナー講師や広島カープの応援で日本全国を駆け回る。実務誌ほか執筆実績多数。著書に「注文の多い料理店の消費税対応」(中央経済社)、「あなたの1日は27時間になる。」(ダイヤモンド社)。
さらに詳細なプロフィール執筆・講演のご依頼近日開催セミナー情報公式サイト


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
木村税務会計事務所のFacebooktwitterで「キムラボ」の更新情報をチェックしませんか?このブログが気に入って頂けましたら、フォロー頂けると嬉しいです。更新の励みになります。