キムラボ 〜 きむらあきらこ(木村聡子)のセルフコントロール研究所

「あなたの1日は27時間になる。――「自分だけの3時間」を作る人生・仕事の超整理法」(ダイヤモンド社)著者で税理士の木村聡子(きむら・あきらこ)がお送りする、バーチャルな研究所。時間・行動・お金のセルフコントロールに関する情報を中心にお届けしています!おそらく、日本で一番年間移動距離の長い、旅する税理士でもあります。

地方税 > 個人住民税

木村聡子の最新自主開催セミナー情報!(ブログ記事はカレンダーの下になります)

商工会議所講師・満足度アンケート3位。税理士ブロガーの草分け的存在であり、ビジネス書著者でもある木村がお送りするセミナーだから、分かりやすには定評あり。しかも、超実践的!

最新情報をキャッチしたい方はdoorkeeperのコミュニティやこちらのカレンダーをチェック!

12月の税務カレンダーの12月10日のところに
納期の特例を受けている者の特別徴収住民税(6月〜11月までの分)の納期限
というのがありますね。

今日はそのおはなしです。




源泉所得税は、給与支払者が毎月、給料等から源泉徴収した税額を、翌月の10日に納付するのが原則です。

しかし

「小規模な事業者は、経理専属の担当がいないところも多いし、毎月々
納付に行くのは大変でしょう」

と、納税事務負担に考慮し、届出を出すことにより、半年分をまとめて納付することができるようになるという制度(納期の特例)があります。
これはよく知られているところです。

この納期の特例の適用を受けた場合、

・1月〜6月に徴収した源泉所得税は 7月10日までにまとめて納付
・7月〜12月に徴収した源泉所得税は 1月20日までにまとめて納付
 

と、なります。

※税制改正で変わったところです。これについてはあらためて後日お話しします。


で、これと同じ制度が、給与から天引きする住民税にもあるのですが、
こちらはあまり知られていないと思います。
実は恥ずかしながら、私も税理士として独立開業してから初めて知りました(;゚∀゚)

(あまり知られていないのは、小規模な事業者は、給料から住民税を徴収して納付すること自体が面倒ということで、普通徴収(=従業員各人が自分で納付する方法)にするケースが多いからだと思います。。。)

この住民税の納特(納期の特例)ですが、源泉所得税の納期の特例と内容はほぼ同じ。

・半年分をまとめて年2回納付する
・従業員が常時10人未満(9人以下)の事業者に認められる特例

という制度です。ところが、大きく違うのはその納期。住民税の場合は

・6月〜11月に徴収した住民税     12月10日までにまとめて納付
・12月〜翌年5月までに徴収した住民税 6月10日までにまとめて納付

と、なります。所得税と比べると一ヶ月早いのでご注意を。

なぜ所得税と時期がずれるかというと、住民税については前年の所得に基づいて、6月から住民税の徴収がスタートするからです。

住民税の納期の特例も、申請書を出すことで適用を受けることができます。
申請書のフォーム等は、各市町村のホームページ等で入手できます。

(参考)たとえば、こちらは渋谷区のフォーム。



人気ブログランキングへ

φ(.. )今日の税理士事務所のぶつぶつ

せっかく小規模事業者の事務負担のことを考えているのだったら、所得税の納期の特例と時期を合わせてあげてもいいのに…と思うのですが(^_^;

でもね、まとめて納付すると額が大きくなってキツイからと、納期の特例を出しているにも関わらず、毎月納付しているところもあるよ。
従業員から預かった住民税は、資金繰りが悪化している事業者の場合、源泉所得税や消費税とおなじく、運転資金にまわってしまいがちだしね…

うーん。。。実は小規模な事業者ほど、毎月納付したほうが良いかも。

源泉所得税はe-Tax、住民税も銀行のデータ伝送サービス(有料)を利用すれば、毎月納付してもそんなに手間はかからないからね。

(*´ェ`*)今日のカフェ

打ち合わせで入った地元用賀のお店です。
カフェ、というより、昔ながらの喫茶店です。

41

お店の中は、コーヒー豆を炒る甘い香りに包まれています。
オーダー取ってから豆を挽き、カップを温めて淹れてくれる。
一つ一つのしごとがとても丁寧なお店です。

ノマドワークをできるようなカフェではありませんが
一人でゆっくり読書したり
目上の方と打ち合わせするのに、とてもいい場所です。
(場所がわかりやすいというのも、打合せの時に便利ですね。)

シアトル風のチェーン店ではない
おしゃれカフェでもない
こういうお店が地元にあるのは貴重!

珈琲譚(カピタン)



所在地:東京都世田谷区用賀2-36-8
営業時間:平日9:00〜22:00、日・祝9:00〜19:00 
定休日:不定休
電話番号:03-3708-0765
全面喫煙可

おひとりで / 二人で・打ち合わせ・・・両方OK
電源あり / なし
長居可 / しづらい・・・ただし、ノマドワークできる雰囲気ではありません
(長居可としたところでも、他のお客さまのことは気遣ってね♪)
お食事メニューあり / なし

※データーはすべて訪問時のものです

この記事を書いた人:木村聡子(きむら・あきらこ)

木村聡子
年間移動距離日本一(推定)の旅する税理士。ビジネス書作家。バブル崩壊をきっかけに、1993年(27歳)資格取得を決意。フルタイムで働きながら、実務経験ゼロ簿記知識ゼロからスタートし短期間で税理士試験合格。1998年(31歳)税理士登録。2000年(34歳)木村税務会計事務所創設。ブロガー税理士の草分け的存在。資格取得時に身につけた仕事術・時間術を駆使し、セミナー講師や広島カープの応援で日本全国を駆け回る。実務誌ほか執筆実績多数。著書に「注文の多い料理店の消費税対応」(中央経済社)、「あなたの1日は27時間になる。」(ダイヤモンド社)。
さらに詳細なプロフィール執筆・講演のご依頼近日開催セミナー情報公式サイト


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
木村税務会計事務所のFacebooktwitterで「キムラボ」の更新情報をチェックしませんか?このブログが気に入って頂けましたら、フォロー頂けると嬉しいです。更新の励みになります。