キムラボ 〜 きむらあきらこ(木村聡子)のセルフコントロール研究所

「あなたの1日は27時間になる。――「自分だけの3時間」を作る人生・仕事の超整理法」(ダイヤモンド社)著者で税理士の木村聡子(きむら・あきらこ)がお送りする、バーチャルな研究所。時間・行動・お金のセルフコントロールに関する情報を中心にお届けしています!おそらく、日本で一番年間移動距離の長い、旅する税理士でもあります。

日刊 > 税務ニュース  相続税贈与税 > 相続と税金

木村聡子の最新自主開催セミナー情報!

商工会議所講師・満足度アンケート3位。税理士ブロガーの草分け的存在であり、ビジネス書著者でもある木村がお送りするセミナーだから、分かりやすには定評あり。しかも、超実践的!
10/27 東京 フリーランス向け確定申告セミナー「まだ申告で消耗してるの?」会計ソフト入力&申告書作成強化版
11/11 東京「逆算手帳」でビジョンを描く! 〜夢を着実にモノにする手帳術
11/12・19 東京「逆算手帳」で夢を着実にモノにする!ビジネス書著者によるワークショップ
11/21 東京 フリーランス向け確定申告セミナー「まだ申告で消耗してるの?」会計ソフト入力&申告書作成強化版

 ↓ 最新情報をキャッチしたい方は、doorkeeperのコミュニティにご登録を!

2月1日、国税庁ホームページにて「『教育用財産に対する相続税の非課税制度における幼稚園等事業経営者に係る家事充当金限度額の認定基準等について』の一部改正について(法令解釈通達)」が公表されました。

税法の規定により、相続税かからない財産があります(非課税制度)。
この非課税財産のなかに

「宗教、慈善、学術、その他公益を目的とする事業を行う一定の個人などが相続や遺贈によって取得した財産で公益を目的とする事業に使われることが確実なもの」

があり、個人立の幼稚園等の教育用財産についても非課税制度が設けられています。その具体的な基準や要件のうち

家事充当金限度額の認定基準額(事業経営者の報酬が、事業経営者の報酬 < 家事充当金 の算式を満たすこと)
適正給与額の判定基準(事業経営者の親族その他特別関係者の給与が労務の対価として相当であると認められるものであること)

という基準が法令解釈通達上で示されており、公表されたのは、その通達部分の改正です。

今回の改正は、一般職の職員の給与に関する法律等の一部改正による国家公務員の給与の改正等に伴うものであり、平成29年分以後の家事充当金限度額の認定又は変更に係る申請について適用されます。

child-1864718_640

※ブログランキングに参加しています。更新の励みにクリック頂けるととても嬉しいです。 
経理・会計・税金 ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ 
にほんブログ村 
キムラボとは?  


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
木村税務会計事務所のFacebooktwitterで「キムラボ」の更新情報をチェックしませんか?このブログが気に入って頂けましたら、フォロー頂けると嬉しいです。更新の励みになります。